星乃珈琲の食レポ記事たっぷりあります

星乃珈琲の1号店(本店)はどこ?

星乃珈琲の発祥の地、1号店(本店)はどこなのかについて調べてみました。

星乃珈琲1号店は「蕨店」

星乃珈琲が誕生したのは、2011年3月18日。記念すべき1号店は、埼玉県蕨(わらび)市にある「蕨店」です。

当時の1号店は、現在の星乃珈琲のスタイルとはだいぶ異なり、窯焼きの焼き立てパン(パンケーキじゃなく、パン!)を食べられる郊外型のコーヒー専門店として、実験的にオープンしたんだそう。

(蕨店の店舗情報はこちら

2号店は「新宿東口店」

その後翌月4月には、現在の人気メニュー「窯焼きパンケーキ」「窯焼きスフレ」を導入した2号店がオープンします。

2号店は都内の「新宿東口店」。元は日レス系列の「OLD NEWYORK PASTA」というパスタとピザのお店があった場所で、ピザを焼く石窯を活かそうと生まれたメニューが「窯焼きパンケーキ」だったんですって!

(新宿東口店の店舗情報はこちら

まとめると…

星乃珈琲の1号店(本店)は、埼玉県の「蕨店」。

現在のスタイルを確立させた2号店「新宿東口店」も、ある意味星乃珈琲の発祥の地と言っていいと思います(*^^*)

星乃珈琲の歴史を知るなら…

上記のことはすべて、「星乃珈琲店 誕生物語」という本に書いてありました。

他にも、星乃珈琲の新メニュー開発秘話や星乃珈琲の歴史年表など、星乃珈琲のヒミツがたくさん書かれていて、すごくおもしろい本!

星乃珈琲ファンなら必見。お店運営についての話がメインなので、飲食店で働く人にもおすすめしたい内容です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です