コーヒーチケット(ドリンク回数券)

シェアする

星乃珈琲のコーヒーチケット(ドリンク回数券)についてまとめました。

1杯あたり最大100円安くなるお得なチケット。上手に使って星乃珈琲を楽しみましょ♪

スポンサーリンク

星乃珈琲のドリンク回数券とは

星乃珈琲では、「コーヒーチケット(珈琲券)」と呼ばれるドリンク回数券を販売しています。

店舗によって値段が多少異なりますが

6枚つづりで2100円 のところが多いようです。

こちらがコーヒーチケット。縦長で、使うときに下から切り取る仕組みになっています。

切り取り線は付いておらず、店舗名を確認するために上の部分も必要なので、切らずに長いまま保管しましょう。使う時に店員さんに渡すと切ってくれます。

コーヒーチケットという名前が付いていますが、コーヒー以外のドリンクにも使えます。ただし、いくつかのルールがあるんです。

星乃珈琲 コーヒーチケットの決まりごと

  • 450円までのドリンクにのみ使用可(ビールを除く)
  • 差額を払っても、450円より高いドリンクには使えない
  • 購入店舗のみ使用可
  • モーニングには使える

450円までのドリンクにのみ使用可(ビールを除く)

星乃珈琲のドリンクの価格は、420円〜550円。(季節メニューではそれ以上も)

コーヒーチケットはそのうち450円までのドリンクにのみ使えます。

対象のドリンクは以下のとおり。

  • 星乃ブレンド
  • 炭火焙煎珈琲
  • アメリカン珈琲
  • カフェインレス珈琲
  • カフェ・ラテ
  • 豆乳ラテ
  • ウインナー珈琲
  • アイスコーヒー
  • アイスカフェ・ラテ
  • アイス豆乳ラテ
  • 星乃ブレンドティー
  • アイスティー
  • はちみつ豆乳(ホット・アイス)
  • ミルク(ホット・アイス)

ドリンクメニューの半分くらいはチケットが使えることになりますね。

(ビールは450円ですが、注意書きに「ビールを除く」とあるのでチケット対象外となります。)

差額を払っても、450円より高いドリンクには使えない

「チケットに現金50円足せば、500円のドリンク飲める?」

と思っちゃいますが、それはできないのです。

あくまで450円までのドリンクが対象で、差額対応はしていないようです。

購入店舗のみ使用可

星乃珈琲のコーヒーチケットの裏面には、店舗名が書かれています。チケットは購入店舗でのみ使える仕組みなんですね。

うっかりチケットを1枚ずつ切り離してしまうと、店舗名が分からなくなり使えなくなってしまいますのでご注意を!

モーニングには使える

高いドリンクへの差額変更は不可ですが、モーニングには使えるんです。

無料のトースト&ゆで卵モーニングにはチケットそのまま。

500円のモーニングには+80円払えばOK。

この時のドリンクもルール通り「450円までのもの」に限ります。

450円までのドリンクが飲めるなら、差額は50円じゃないの…?と思っちゃいますが、モーニングは元々おトクな値段設定だからですかねぇ。

なお、420円の星乃ブレンドを選んでも、450円の炭火焙煎珈琲を選んでも、500円のモーニングを食べるにはチケット+80円となります。

いくらおトクなの?

コーヒーチケットは、6枚つづりで2100円

450円のドリンクを6杯飲んだとすると、450×6=2700円

チケット1枚あたり600円得する計算です。

つまりドリンク1杯あたり100円おトク!

ただしこれは450円のドリンクを毎回頼んだ場合です。

仮に420円のドリンクを6杯飲んだとすると…420×6=2520円。

2700ー2520=420 420÷6=70円

1杯あたりのおトク額は70円になります。

70円でも十分おトクやん!

自分がよく飲むドリンクが450円以内だったら、ドリンクチケット使わない手はないですね♪

450円のドリンク飲まなきゃもったいない…とか思って無理に好きじゃないものを頼むと悲しくなるのでやめましょうヽ(=´▽`=)ノ(体験談